koshi-banner.jpg

第1講義

副島賢和先生(昭和大学)

講座テーマ
院内学級の子どもたちが教えてくれた大切なこと─病弱児教育の知見から学ぶコロナ禍下の教育
 
51OgmJIFxUL.jpg

ストレス時代の子どもの学び

時代が変わってしまった今、大人にできること。こどもが自ら学ぼうとする力を奪っていませんか? こどもたちにとって「学ぶことは生きること」。病院内学級を担当する著者が、すべてのこどもの学びに活きる、病弱教育のノウハウと視点を伝えます。

211ページ ¥1650

kosi1-1.jpg

はなれていても、だいじょうぶ

─今こそ伝えたい、院内学級で教員として学んだこと

「院内学級は自分とは関りのないもの」と思っていらっしゃる方が多いのかもしれません。でも、コロナ禍で日本中のお子さんたちが、学校に通うことができないという状況になりました。その時の子供たちの行動や、その時に子供たちが感じていたことなどは、きっと院内学級の子供たちのそれらと共通することがたくさんあるはずです。子供たちに寄り添い、子供たちの学びを保障するために奮闘してきた「あかはな先生」からの、優しくも熱いメッセージを、ぜひお読みください。

208ページ ¥1400

kosi1-2.jpg

あかはなそえじ先生の ひとりじゃないよ

─ぼくが院内学級の教師として学んだこと

家族と離れ、病気の不安に悩み、クラスメイトに忘れられてしまうことを何より怖れる、入院中の子どもたち。知ってほしい!病院の中にも「学校」を必要としている子どもたちがいることを!心に傷を抱えた子どもたちに笑顔と自尊感情を取り戻すために。

247ページ ¥1400

第2講義

川田 学先生(北海道大学)

講座テーマ
乳幼児期の発達と生活
 

第3講義

寺川志奈子先生(鳥取大学)

講座テーマ
学童期の発達と生活―9,10歳ごろの発達の時期の支援学校の子どもたち